強いAI

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

人工知能(AI)は「強いAI」と「弱いAI」の2つに分類されることがあります。

人間と同じような「意識」を再現できるかどうかが基準となっており、「強いAI」とは、人間のようにものごとを認識して仕事をこなし、何らかの自意識をもつAIのことを指します。

強いAIと弱いAIはジョン・サールが提唱した用語であり、1980年の論文「Minds, Brains and Programs」で以下のように記載しています。

強いAIによれば、コンピュータは単なる道具ではなく、正しくプログラムされたコンピュータには精神が宿るとされる

サールは「脳は機械である」と述べていますが、コンピュータと機械を区別しており「強いAI」の存在については否定的です。

ある機械が知性かどうかを判定するテストとして、「チューリング・テスト」がありますが、サールは「中国語の部屋」と呼ばれる思考実験でチューリング・テストに反論し、このテストに合格しても知性があるとは判定できないと結論しました。

人間と同レベルの知能を実現するコンピュータを目指すものとしては、「汎用人工知能(Artificial General Intelligence)」があります。

汎用人工知能はAGIと呼ばれていますが、特定のタスクについてのみ学習によって実行できるようになるAIと比べて、AGIは極めて高度なAIといえます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
出典・参考
NEW POST