中国語の部屋

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

中国語の部屋とは、アメリカの哲学者であるジョン・サールが提唱した思考実験。1980年に発表した論文「Minds, Brains, and Programs(脳、心、プログラム)」で書かれました。

ある部屋にアルファベットしか理解できない人がいます。この部屋に「漢字」が書かれた紙切れを小さな穴から差し入れます。

部屋の中の人はこの紙に書かれた文章を理解することができないため、まったく意味が分からない「記号」としか認識できません。

この人は、この記号の列に対して新たな記号を書き加えて外に返す仕事が与えられています。

この部屋には一冊のマニュアルがあって、この「記号」に対して、どのように記号を書き加えたらよいかがすべて書かれています。

部屋の外にいる人から見ると、中国語による対話が成立しており、「この部屋の中にいる人は中国語を理解している」と判断します。しかし実際には、アルファベットしか理解できない人がいるだけです。

この思考実験において、部屋全体をコンピュータと見立てることができます。部屋の住人はCPUであり、プログラム(マニュアル)に従って仕事をします。

あるコンピュータが人間のような知性をもつかどうかを判定するテストに「チューリング・テスト」がありますが、中国語の部屋やこのテストの意義を否定するものです。

チューリング・テストでは、人間に対するのと同じように対話ができるコンピュータを知性をもった機械としますが、対話ができたとしてもまったく意味を理解していないと、サールは主張します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
出典・参考
NEW POST