住信SBI銀高が住宅ローンの審査にAIを導入する

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

住信SBIネット銀行が、住宅ローンに関する審査業務に人工知能を活用して、先進的な審査手法を導入すると発表しています。

住信SBIネット銀行では現在、三井住友信託銀行の代理業者として「ネット専用住宅ローン」の契約締結で代理業務を行っています。

住宅ローンの契約手続きがWEBサイトから可能であるため、手続きにかかる時間が短縮できるというメリットがあります。

来店する必要がなく、WEBサイトで必要事項を入力して仮審査申込を行い、その後に正式審査を通過するとWEBサイトから所定の手続きを行う流れになっています。

住信SBIネット銀行における住宅ローンでは、取組額が3兆8千億円を突破するなど利用者数が増えている状況にあります。

そこで、審査手法にAIを活用したシステムを導入することで、業務の高度化を図り、さらに多様化したニーズに対応していくとしています。

今回利用しているAI技術は、複数の機械学習を混合した「アンサンブルモデル」です。アンサンブルモデルを利用することで、伝統的な審査モデルと比べて予測精度が高くなるとしています。

IMAGE/SOURCE1
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST