西鉄がAI活用型のオンデマンドバス「のるーと」を運行開始へ

福岡市東区アイランドシティ地区でAI活用型オンデマンドバス「のるーと」を運行すると、西日本鉄道が発表しています。運航開始は2019年4月25日からで1年間を予定しています。

のるーと(西日本鉄道)

「のるーと」の名称は九州の方言である「乗ると」と、AIがルートを導き出す「Know Route」に由来します。

のるーとは、アイランドシティ地区とイオンモール香椎浜、千早駅間を運行しますが、ユーザーのリクエストに応じてAIが効率的なルートを選択しながら運行するといった、新しい輸送サービスになります。

アイランドシティ内に46のミーティングポイント(乗降場所)を設けており、需要に応じてきめ細やかなサービスを提供するとのこと。ミーティングポイントは今後拡大していく予定です。

配車予約は専用のアプリ「のるーと」から利用でき、クーポンサービスや路線バスとの乗継割引サービスも受けられます。運賃は大人200円から400円。

今回の運行から蓄積されたデータを活用して、他の地域への展開も検討するとしています。

NEW POST