AIを搭載した注文住宅の営業支援ツール「土地ロボ」が担当者にアドバイスをしてくれる

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

注文住宅の営業支援ツール「土地ロボ」をスマートブレインが販売を開始したと発表しました。人工知能(AI)の技術を活用した土地相場の自動応答サービスや、顧客の動向、嗜好を営業担当者に教えてくれる機能が搭載されたツールです。

住宅販売では、インターネットよりも「モデルハウス」や「住宅展示場」によって集客する会社が多い傾向があります。

しかし、実際に見学に訪れた客のほとんどは、いわゆる「土地無し客」であるため、建てたい家は決まるものの土地はもっていないことになります。そのため、住宅会社は「土地探し」という住宅営業以外の活動も必要不可欠です。

そのため、自社の不動産部門や強力不動産会社の支援などはあるものの、やはり住宅営業担当者が土地を客に提案する役割もまた担うことになります。

このように、土地の契約までも誘導できるのは営業担当者の活動次第となっているのが実態ですが、経験や実力のある担当者でなければ土地探しが長期化してしまうケースがほとんどです。

そこで、営業経験が少ない担当者でも長期化した土地探し期間の間に客の「変化に気付く」ことで住宅営業の生産性を高めることに着目し、AIを活用した「追客支援アドバイス機能」を搭載した「土地ロボ」を開発して商品化しました。

「土地ロボ」には、インターネット上に公開されている土地情報を独自に収集してひとつのデータベースとして構築する「主要不動産検索自動取込」のほか、「AIによる土地相場自動応答(チャット)」機能を搭載しています。

また、顧客が閲覧した土地情報を営業担当が管理画面で把握できる「土地情報詳細ページのトラッキング機能」や、マッチングメール自動送信機能、一斉メール送信機能も備えています。さらに相場より安い土地上方を通知してくれる機能など、住宅会社向けの営業生産性を高めてくれる支援ツールとなっています。

LINEのようにタイムライン形式でチャットができる機能を備えており、土地を探している顧客の行動履歴からAIが担当者に「気付き」を教えてくれます。

まずは「福岡県版」から販売を開始し、将来的には各都道府県版を順次販売していく計画としています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST