Appierが日本向けにAI搭載データインテリジェンスプラットフォーム「Aixon」を提供

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

台湾に本社をもつAIテクノロジー企業の「Appier(エイピア)」が、日本向けにAI搭載データインテリジェンスプラットフォーム「Aixon(アイソン)」の提供を開始しました。AIXONは、新規の顧客を開拓したり、顧客リーチの拡大または顧客行動の理解を支援することができます。

Aixonは、EコマースにおいてWebサイトのデータを分析し、購入する可能性の高いユーザーを特定してコンバージョン率を増加するために利用することができます。

そのほか、出版社が将来において登録する可能性のある消費者を特定したり、マーケティング担当者がデータ分析してユーザーが興味をもつトピックの発見に役立てることなどに活用することができます。

このように、Aixonはマーケティングにおいて費用対効果や収益化、顧客エンゲージメントなどを効率的に達成するなど、さまざまなマーケティング活動を支援します。

Aixonは人工知能を活用した予測分析のプラットフォームであって、以下のような予測が可能になります。

・サブスクリプション数の増加
・オンラインセールス、コンバージョン数の増加
・類似ユーザーを発見してオーディエンスを拡大
・離脱を予測してリエンゲージ
・サイトの広告収入を増やす

Aixonは操作がわかりやすく、ユーザーは技術的な知識を必要としないといった特徴があります。

また、各企業が保有するさまざまなフォーマットのデータと、Appierがこれまでに蓄積してきたアジアにおける約20億のデバイスからの消費者行動のデータを統合することが可能。Aixonは、これらのデータをAI技術によって予測分析に利用します。

  • Aixon(アイソン):セルフサービスのAI予測分析プラットフォーム。データを分析してターゲットオーディエンスを探索し、ビジネスの成長のためのレコメンデーションを提供する。
  • Appier(エイピア):AIを活用し、マルチデバイス時代における企業の成長・成功の実現を支援する。本社は台湾。インド、東南アジア、中国などアジアの重要な成長市場における経験と専門知識をもつアジアファースト企業。
IMAGE1SOURCE1
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST