物体検知率98%超、イー・ガーディアンが画像内物体検知システム「Kiducoo AI」提供開始

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

画像を人工知能で分析して画像内に含まれる物体を検知するシステム「Kiducco AI」について、ネットセキュリティ企業のイー・ガーディアンが提供を開始しました。企業のマーケティングなどに活用されます。

「Kiducco AI」は、画像データの中に含まれる要素を人工知能で自動解析できる、画像内物体検知システムです。

例えばSNSなどで投稿された画像やインターネット広告などの画像を解析して、画像内の「どこに」「何が」写っているかが自動で判別することが可能になります。

そのため、特定のターゲットにとってどのようなものがトレンドになっているか、特定のシーンにおいてどういった商品が使われているかなどの傾向を導き出すことができるため、企業のマーケティングデータの収集に活用することが期待できます。

イー・ガーディアンによると、例えばInstagramやTwitterなどで投稿された写真を分析してマーケティングに活用できます。

他にも、顧客が部屋の画像を送るだけで簡単にできる引越し見積や、冷蔵庫内の写真を送ると自動でレシピを提案する「レシピレコメンド」などのサービスの創出が考えられます。

また、名前が不明な商品の画像を送ると該当する商品名が判明するといった、eコマースでの活用法などが提案されています。

イー・ガーディアンは、これまでに人工知能を活用したテキスト監視システム「E-Trident」を開発するほか、東京大との共同で人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」を開発してきました。

イー・ガーディアン:投稿監視や風評被害、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニー。総合ネットセキュリティ企業として多用なサービスを展開、導入実績は800社以上。

source: 1

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST