SNSで人気が出るハッシュタグをAIが推薦する技術が開発される

東京大学などの研究グループは、SNSなどで画像や映像の閲覧回数を増やして人気度を高める「ハッシュタグ」を推薦する技術を、AIを活用して開発しました。

研究グループはこれまでにも「FolkPopularityRank(FP-Rank)」と呼ばれる技術を開発しています。このシステムでは、コンテンツの人気度とハッシュタグの共起関係を分析することで、人気度を向上させることができるシステムでした。

今回はさらに、人気度の高いユーザーのハッシュタグの利用傾向を人工知能に学習させる計算方法を使用しています。

この技術「UFP-Rank」は、タグとコンテンツの人気度の関係、タグとユーザーの人気度の関係についてそれぞれグラフ・行列として表現し、さらに使用するタグ数と使用頻度、共起関係を考慮して、タグの人気度への影響を数値化・ランキングできる手法です。

この方法を使用すると、人気度への影響力が強くて、かつ画像や映像などのコンテンツ内容にも関連が深く、そしてセンスの高いほかのユーザーを真似したタグを推薦することができるようになるため、意味的にも正しくて閲覧数やいいね数など人気度を向上させられるタグを使うことが可能になります。

このシステムを使用して、実際にSNSから取得した約6万枚の画像で学習し、約1000枚の画像に対して推薦されたタグを付与してSNSに投稿する検証実験を行いました。

その結果、投稿後10日目には一般的なAI技術を用いてタグを生成した場合と比較して2.8倍、先行研究のFP-Rankと比較して1.2倍の閲覧数を獲得することに成功しました。

この新しいシステムを活用して、SNS上で商品やサービスをプロモーションするタグやキーワードの推薦、オンライン広告やECサイト、メディアコンテンツの支援といった展開が考えられるとしています。

NEW POST