ハーツユナイテッドがHEROZと業務提携、ソフトウェア検証にAIを活用

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

ハーツユナイテッドグループは、ソフトウェアの検証に人工知能を活用することで、HEROZ株式会社と業務提携契約を締結しました。

ハーツユナイテッドは、ソフトウェアの不具合を検出して報告する「デバッグサービス」を主力事業としています。

同社にはこれまでに、110万件以上のバグ検出の実績があり、デバッグのノウハウがあります。そこで、さまざまな分野でのビジネス展開を視野に入れ、これらのノウハウと人工知能を融合させる独自のアプローチの実用化に向けた研究をしてきました。

一方、HEROZは「将棋ウォーズ」などAIを活用したオンライン対戦型のゲームアプリの開発や、エンターテイメント業界におけるAIの活用を進めています。最近では株価の動きを予測するシステムを金融機関と共同開発するなど、さまざまな分野でAIを活用する実績をもっています。

ハーツユナイテッドは、ユーザー操作が限定されているWEBアプリやスマートフォンなどの分野で、HEROZのAIを活用して同社が持っているメソッドを学習させることで、アプリのテストに必要なサイト分析やテスト工程の生成などにAIを活用することを目指しています。

ハーツユナイテッドグループ:株式会社デジタルハーツを中心に、発売前の製品の不具合を「ユーザー目線」で検出・報告するデバッグサービスを提供。家庭用ゲームソフトや、ソーシャルゲームやスマートフォンアプリなどのモバイルコンテンツ、パチンコ・パチスロ、WEBサイトや業務システムなど、IT全般のソフトウェアを対象としている。

HEROZ株式会社:「将棋ウォーズ」や「CHESS HEROZ」、「BackgammonAce」の開発によって蓄積したディープラーニングなどによる人工知能関連手法をコア技術にする。将棋プロ棋士に史上初めて勝利したAIの開発者を擁する。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST