AIが文明を衰滅させる ガラパゴスで考えた人工知能の未来

¥ 1,404
国際情勢に精通し、中国ウォッチャーでもある著者による、来るべきAI時代の姿とは?人間は「恐るべき道具」を発明したガラパゴス化とは退嬰化のことなのか?AIが人類の知能を超える衝撃・ダーウィンは『種の起源』で何を訴えたのか?ツィッターと政治・偽情報、偽造文書の根本問題・5年後、銀行が街から消える?AIの近未来は明るいのか、暗いのか。国際情勢に精通する第一人者によるAIの衝撃! !
詳細を読む

平和を願う人工知能 ~純国産AIへの道~

¥ 1,700
現在行われている日本のAI 開発の多くは、実現までに膨大な時間がかかるものがほとんどで、海外の技術が劇的に進歩しているいま、実用性のある国産AI の開発が急務です。「入力などの単純作業」「医療など人間の高度な技術のアシスト」「監視カメラの24 時間チェック」など、社会のさまざまな課題を解決する有用なものとして、日本で初めてのコアシステム「IYO」を開発する9DWの井元剛社長がAIの活用事例を中心に未来像を紐解きます。
詳細を読む

ロボット法:AIとヒトの共生にむけて

¥ 2,916
ロボットが事故を起こしたら?ヒトを傷つけたら?「感情」を持ったら?―AI技術の進展で急浮上する数々の難問を“制御不可能性”と“不透明性”を軸にときほぐし、著名文芸作品や映画作品等にも触れながら、ロボットがもたらしうる法的論点を明快に整理・紹介。日本における「ロボット法」の礎となる、第一人者による決定版。
詳細を読む

人工知能は資本主義を終焉させるか 経済的特異点と社会的特異点

¥ 929
人工知能(AI)は急速な進歩を遂げている。アメリカの未来学者レイモンド・カーツワイル氏によれば、「シンギュラリティ・ポイント(特異点)」、すなわち「人類の知性を超越する非生命的な知性」が出現し、その知性が人類の上に立つことで、われわれの想像を絶する社会の大変革が2045年頃にも起こるのだという。そして2030年には、その前段階である「プレ・シンギュラリティ」が到来するとみられるが、いかなる社会変革が起こりうるかを考える際に、お金と経済の問題を抜きには語れない。AIは資本主義を終わらせるのか。人間は働かなくなるのか。本テーマのエキスパート両名が考察。
詳細を読む

おうちで学べる人工知能のきほん

¥ 1,980
本書は、人工知能の入門書です。テクノロジーの進化により、私たちの身の回りにも人工知能を活用したアプリケーションやサービスが浸透してきました。本書では、スマホのアプリやWebサイトなど、身の回りのものから人工知能の基本的な「仕組み」を学び、「人工知能の基礎知識を学ぶ」だけでなく、「自分のかかわるビジネスに人工知能を応用するきっかけを掴む」ことを目標としています。これから人工知能に関連した開発を行いたいエンジニアはもちろん、他の入門書などを読んで挫折した人の学び直しや、一般のビジネスマンにも最適な入門書です。
詳細を読む

マンガでわかる人工知能

¥ 1,458
まずは本書を「人工知能に何をさせたらいいのかな?」という軽い気持ちで読んでください。マンガに登場する裕太や誠司は先入観を持たず、真正面から人工知能に向き合っていきます。そこでおどろいたり、つまずいたりしながら、徐々に「人工知能と人の距離感」を学んでいきます。その距離感こそが、人と人工知能が共生していくために必要な感覚です。本書を読むことで、いち早く人工知能のいる未来を体験し、その未来を生きるために必要な感覚を身につけることができます。
詳細を読む

人間?機械? 睡眠・ヒト型ロボット・無人操縦

¥ 1,296
本書は、人間とAIの関係を背景に『どこまでが人間なのか』と題した『武田シンポジウム2017』の内容をもとに、睡眠、人間そっくりのロボットであるアンドロイド、人の代わりに機械を操縦する機械の3つのテーマに沿って、睡眠の仕組み、人間としての意識、機械による代替え・関わりを扱っています。そして各先端領域の研究、応用の状況、ビジネスへの展開などの将来の展望をまとめました。人間のより深い理解と洞察の、多面的切り口からのアプローチについて、お楽しみいただける一冊です。
詳細を読む

人工知能の「最適解」と人間の選択

¥ 842
AI裁判、AIトレーダー、AI人事、AI政治家、そして、「人類代表」佐藤天彦名人が挑んだ電王戦――。膨大な計算力を背景に導き出される「最適解」に、私たち人間はどう向き合えばいいのか? そして、正しく「操縦」できるのか? 国内外の現場取材を基に、山積みの課題からルールづくりまで、人工知能と社会のかかわりを展望する1冊。『人工知能の核心』に続く、NHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か」シリーズ出版化第2弾!
詳細を読む

NEW POST