NEC、少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

NECは7月10日、機械学習において、大量のデータが得られない状況でも活用可能な、複数の機械学習技術を開発したと発表した。ディープラーニングを代表とする機械学習では、これまでデータ収集の初期段階や、データ収集コストが高い環境など、学習データが大量に得られない状況では、機械学習効果を十分に発揮できなかったが、今回開発した技術により、機械学習技術が活用できる場面を拡大することが可能となるという
[続きを読む]

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST