AIで「クマ」発見…位置情報配信 会津大が検出システム研究

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

会津大の斎藤寛上級准教授らの研究チームが人工知能(AI)を活用して特定の動物を感知、位置情報をメールで配信する「野生動物検出システム」の研究開発を進めている。まず、対象動物としてクマを選んで研究する。実用化できれば農作物の被害や人に対する不安の軽減につながり、農村や都市部の安全確保へと期待が掛かる。
[続きを読む]

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST