THIRD PARTY NEWS» 一覧

センサー使い入浴事故防止、AI・IoTで住環境を改善

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

東芝情報システム(川崎市川崎区、伊藤壮介社長)は、IoT(モノのインターネット)で住居内の状態を把握し、人工知能(AI)で分析して改善提案する「くらしみらいサービス」を開発する。手始めに、浴室に温湿度センサーを設けて入浴時間を室外のモニターに表示し、入浴事故の防止などにつなげるサービスを製品化する。製造業向けIoT製品開発で培った技術を生かし、一般生活者の課題改善や生活の質の向上につなげる。
[続きを読む]

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST