THIRD PARTY NEWS» 一覧

AI脅威論を議論してきた検討会が“ちゃぶ台返し”のワケ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

内閣府の人工知能(AI)の社会的影響を議論してきた検討会が方針を大きく変更した。従来のAI脅威論などへの対応を議論してきた方向性を変え、2018年度は産業界と情報系研究者のメンバーを増やして産業競争が前提のAI原則や国際戦略を検討する。経済協力開発機構(OECD)などにAI原則を提案する予定だが、想定スケジュールからは約1年遅れる。限られた期間で検討範囲を広げ議論を深める。
[続きを読む]

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST