THIRD PARTY NEWS» 一覧

東京五輪のボランティア不足、AI導入で解消できるか

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

2020年東京五輪・パラリンピックでは、組織委員会と東京都が計11万人のボランティアを募集する。だが、10日間以上で1日8時間程度、交通費や宿泊費の支給がないといった負担を感じさせる条件、猛暑期の開催という健康面の不安も踏まえ、人手不足となる可能性も指摘されている。そこで浮上するのがAIボランティアの導入だ。「第2回AI・人工知能EXPO」(4月4~6日、東京ビッグサイト)で、その可能性を探った。
[続きを読む]

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST