ディープラーニングの開発環境「Neural Network Console」、ソニーがクラウド版を無償で提供開始

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

ソニーはディープラーニングのプログラムを生成できるコンソールソフトウェア「Neural Network Console」について、無償のクラウドサービスの提供を開始しました。

このサービスを利用することで、エンジニアはプログラムをPCにインストールする必要がなくなり、またどのようなOSであってもソフトウェアを利用することができるようになりました。

OSにとらわれない開発環境を実現

ソニーは今年6月にディープラーニング開発のためのコアライブラリである「Neural Network Libraries」を提供、さらに8月にはコンソールソフトウェア「Neural Network Console」の無償提供を開始していました。

しかし、このソフトウェアはWindowsにのみ対応していたこともあり、他のOSを使っているPCでは利用できない状況でした。

今回、無償提供を開始するクラウドサービスでは、ネットワーク環境下にあるウェブブラウザでサーバにアクセスして利用することができるため、WindowsのほかMac OSやLinux OSであってもNeural Network Consoleを使うことができるようになります。

そのため、これまでのようにソフトウェアをPCにインストールする必要もありません。ブラウザでアクセスするだけで、本格的なGUIをもつコンソールソフトウェアからニューラルネットワークの設計や学習、そして評価などを行い、ディープラーニングプログラムを開発することが可能になりました。

今回新たに提供を開始したクラウドサービスは無償ですが、より高速な学習を実行したり、あるいは単一だけではなく複数のプロジェクトを同時進行させたいユーザー向けに、複数のGPUを用いた高速演算ができる機能などについても、有償のサービスとして導入を予定しているとのことです。

  • Neural Network Consoleでは、新たにスタートしたクラウドバージョンのほかにも、従来のWindows用ソフトウェアについても利用可能になっています。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST