インベスターZの神代部長がAIになる、世界初の経済系対話AIサービスを開始

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

人気経済漫画でドラマ化もされている「インベスターZ」に登場するキャラクターのひとり、神代圭介を起用したサービス「経済系対話AI インベスターZ~神代部長に訊け~!」をソニーミュージックエンタテイメントが開始しました。

画像(株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント)

このサービスは、現在テレビ東京でドラマ化されている「インベスターZ」の特設サイトです。原作と同様、投資部部長の神代圭介がお金にまつわる身近な話題から投資に関することまで、あらゆる投資・経済の専門用語を解説してくれます。

「経済系対話AI インベスターZ~神代部長に訊け~!」は、7月13日から9月30日まで、パソコンやスマートフォンで体験することができる。

画像(株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント)

「インベスターZ」は2013年6月から2017年6月まで週間モーニングで連載された経済漫画。投資をテーマに、お金に関する身近な疑問から結婚・就職の意味までを描き出した漫画で大ヒットしました。原作者はドラゴン桜などを生み出した三田紀房氏。

全国屈指の進学校「道塾学園」にトップの成績で入学した財前孝史は、「学年トップの生徒は投資部に入学する」というしきたりに従って、強引に投資部に入部させられる。そこで投資部キャプテンである神代圭介ら5名の部員とともに、投資を体験して投資の魅力に引き込まれていくというストーリー。

ドラマ版「インベスターZ」は7月13日からテレビドラマ25(金曜深夜24時52分~25時23分)枠で放送。主人公の財前孝史は連続ドラマ初出演となる若手実力派俳優、清水尋也が演じる。神代圭介役には柾木玲弥をキャスティング。

「経済系対話AI インベスターZ~神代部長に訊け~!」は、ソニーミュージックエンタテイメントが開始が株式会社emotivEと共同で開発。対話型AIサービス「PROJECT Samantha」を使っています。

PROJECT Samanthaは「人の心を動かす」AIサービスで、コミックやアニメ、ノベルズや映画、ドラマなどに登場するキャラクターたちとの対話を実現する。2016年に公開されたβ版サービス「罵倒少女:素子」は「第1回アニものづくりアワード」でオリジナル・コンテンツ部門の金賞を受賞しています。

「経済系対話AI インベスターZ~神代部長に訊け~!」にインストールされている情報を用いて行う一切に行為については、両社は何らの責任を負うものではないとしています。

神代圭介(AI)は藤田家より3000億円の資産運用を委託されており、フィデューシャリ-・デューティーの観点から保有銘柄や投資戦術などについて一切口外しません。

したがって、個別株式や投資見通しなどを聞くと「明後日の方向にはぐらかし、高校生とは思えない高飛車な回答をしますが、そんなときは全力でスルーしてください」としています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST