水道業界初!東京都水道局のホームページにAIチャットボット「水滴くん相談室」が導入される

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

東京都水道局がAIチャットボット「水滴くん相談室」をホームページ内に導入しました。水道業界での導入は初めてで、問い合わせに対してスピーディーかつストレスフリーに対応できるとしています。

水滴くん相談室(東京都水道局)

東京都水道局が今回導入した「水滴くん相談室」は、凸版印刷が提供しているAIチャットボットシステム「BotFriends(ぼっとふれんず)」を活用したもの。

AIチャットボットは、人工知能(AI)の技術を利用した問い合わせ対応サービスで、近年はさまざまな企業やサービスにおいて導入が進んでいます。

「水滴くん相談室」は24時間365日対応が可能で、夜間における問い合わせにも対応。たとえば、引っ越しの際の手続きや水道工事予定の検索、あるいは水道料金に関する問い合わせなどに対応しています。

東京都水道局のホームページの右下にある、水滴くんの画像をクリックすると、AIチャットボット「水滴くん相談室」が起動します。

チャットボットに質問を入力することで、AIが会話の意味をとらえて適切に対応。水道の申込み手続きや工事情報など知りたい情報へのアクセスを容易にしてくれます。

また、回答内容が的確かどうかの評価を選択することができ、それらのフィードバックや利用実態に基づいて解析、改善を進めていくことでより的確な回答ができるようになるとしています。

水滴くん相談室では「お楽しみ機能」も搭載しており、たとえば水滴くんとじゃんけんをして遊んだり、あるいは特定の質問をしたときだけ特別に「水玉ちゃん」の画像が表示されるという。

水滴くん相談室のサービスは7月12日午前10時から開始される予定です。スマートフォンでも使えるとのこと。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST