動画から特定の動作や姿勢を抽出する「Act Sense」

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone

動画に映っている人の特定の動作や姿勢などを抽出できる「Act Sense(アクトセンス)」の提供を開始すると、電通国際情報サービスが発表しました。米国カーネギーメロン大学(CMU)が開発したディープラーニングを活用した技術「OpenPose」を映像解析のエンジンとして利用しているという。

近年は「映像の意味」を解析することで生産性の向上や業務効率の改善につなげるといったニーズが増えています。

たとえば、ある作業を行っている人を撮影した動画を解析して、特定の行動がいつ発生したか、あるいは作業者の姿勢に無理が生じていないかなどといった情報を抽出。これらの情報を工場やオフィス、店舗、運転やヘルスケアなどあらゆる産業分野やシーンで活用することが考えられます。

Act Sense(電通国際情報サービス)

今回提供を開始するソリューション「Act Sense」では、CMUが開発した姿勢検知技術であるOpenPoseを活用しています。

OpenPose(CMU)

OpenPoseは、一般的な単眼カメラで撮影された映像から人体の姿勢を検出することができます。この技術を使って同社が独自に開発したアルゴリズムを組み合わせて特定の動作や行為、姿勢を検出します。

これまでの姿勢検出技術では、対象者の身体に複数の専用マーカーを装着して映した、特別な撮影データが必要であったのに対して、今回開発した技術ではすでに撮影済みの一般的な動画にも適用することが可能です。

また、複数人の姿勢を同時に検出することができて、ほぼリアルタイムで検出精度も高い特徴があります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone
NEW POST